1998年7月12日にイングランドにあるシルバーストン・サーキットで行われたF1イギリスグランプリ。
フェラーリ(F300)ミハエル・シューマッハが、コース上でチェッカーフラッグを受けずにピットで優勝する珍事件。

レース中に黄旗追い越しをしてストップアンドゴーペナルティを受けたM・シューマッハ。そのペナルティをチームがファイナルラップのチェッカー目前でピットインさせ、ピットレーンでフィニッシュラインを通過して消化させた為に起こった珍事件。
コース上ではM・ハッキネンがチェッカーを受けていて、どっちが勝ったのか?よくわからなかったレースだった。
詳しくは解らないが、どうやらペナルティを出すのが遅かったため、本来タイム加算のペナルティになるところを間違えてストップアンドゴーペナルティを出してしまったらしい・・・


Webサービス by Yahoo! JAPAN