2021年12月12日にアラブ首長国連邦アブダビ市のヤス島にあるヤス・マリーナ・サーキット行われたF1アブダビグランプリ。
8度目のワールドチャンピオンを目指すメルセデス(W12)ルイス・ハミルトンとチームメイトのチャンピオン獲得をアシストしたいレッドブル・ホンダ(RB16B)セルジオ・ペレスとの激しいバトル。

チャンピオンを争うM・フェルスタッペンとのギャップを約9秒作ったL・ハミルトン。そのハミルトンの前方にS・ペレスが立ちはだかる。タイヤ交換を済ませてないペレスだったが、タイヤ交換を済ませたハミルトンが追いつくと鬼神の走りを見せる。
猛追するハミルトンにバックストレートで抜かれるも6コーナーで刺し返す。続く緩やかに曲がったストレートで抜かれるも、再び9コーナーで刺し返す。
そのままペレスは巧みなライン取りでハミルトンを抑え込む。次のバックストレートで抜かれるもチームメイトとハミルトンとのギャップは2秒以下に。